女性も変わる勇気が必要です!

こんにちは。
女性部下育成専門家の山梨嘉代子です。

恥ずかしながら先日、初めて「ノンママ」と言う言葉を知りました。
鈴木保奈美さんが主演しているドラマのタイトルで知りました。
※ノンママ=子供を産まない、ママにならない女性

若い女性向けセミナーでキャリアデザインを行うと9割以上の方が
結婚して子供を産んで子育てをするというイメージを持っています。
残りの1割の方が結婚は、あまり…という方です。
これは、地方だからの結果かもしれません。
東京など都会に行くと割合は、変わると思います。

そんな9割結婚、子育てイメージを持っていても
30代半ば、過ぎになって9割の方が結婚、出産を経験するかというと
…そんなことないです。
私の感覚では、3割位の方は、結婚していないかったり、
結婚してもノンママのような感じです。

高校、大学を出て就職してスタートラインが一緒だと思っていたのに。
結婚というゴールに一緒に走り出していたはずなのに
一人ひとり、結果が違う。
そもそもゴールも違う。

そのことに20代半ば頃に気がついていくんです。
そして周囲の状況を見ながら不安になる人も少なくない。
「自分には、何が出来るんだろう…」
「私は、どうしたらいいの?」
「仕事がんばったけど…上手くいかない」
「結婚したいけど…相手いないし」

そんな状況の中、職場で働く女性達。
会社は、まだまだ男社会。(地方では)
「女性の活躍応援しているよ!」って言ってくれるけど
何か意見を言うと
「感情的だ!視野が狭い!」と言って聞いてくれない。
結局、会社(上司)からは
「女性は、難しい…ですよね」
って言葉が出てしまう。

それでも女性たちの多くは、悩みながら仕事や人生を
諦めずに自分らしく、チャレンジしながら過ごそうと
考えているんです。
だからそんな会社(上司)と女性たちが分かり合えない
ことが残念です。

もちろん、上司の関わり方、だけでなく女性たちも
変わらなきゃいけないところも沢山あります。
多分、女性たちもそのことに気がついていると思うんです。
私たち女性たちも変わる勇気を持つことが大事ですよね。

f3c61b2cf4e69e52a6cea93dd4f46e33_m

女性活躍が当たり前になり、「女性活躍推進」の言葉が
一日も早く世の中から消えて欲しいです。

メルマガ登録