リーダーとしての能力がない女性を無理やりリーダーにしていませんか?

こんにちは。
女性部下育成専門家の山梨嘉代子です。

「女性は視野が狭いな~」

仕事をしていくうえでそんな風に感じることありませんか?
私も女性ですがそんな場面に出くわすことがよくあります。

ある企業でのこと
プロジェクトリーダーを任されたのは、40代の勤続10年以上の女性Sさん。
もちろん、本人の関わる仕事や全体は理解しています。
これまでも様々なプロジェクトに関わってきました。
そこで今回、初めてリーダーを任せることにしたんです。
(逆にこれまで経験なかったの?と思ってしまいましたが…。)

それでも上司は、年齢的にも経験的にも十分やっていけると考えていました。
これまで機会がなかったのは、女性をあまり活用してこなかったから…。
そのように考えていました。

プロジェクトが始まってしばらくしてもあまり動きがない。
上司は、「大丈夫か?」と聞くと
「大丈夫です」
それでも動きが見えない。ポツポツと周囲から不満も聞こえてくる?
そこでまた「大丈夫か?」と聞くと
「大丈夫です」

3023a6ddb17c871280831af3bcd33e1f_m

日に日にメンバーからの不満が大きくなる中、
Sさんが「こんなに私、頑張っているのにこれ以上どうするのよ!」
とキレたそうです。

どうやらSさん、仕事をほとんど自分で抱えてやっていたそうです。
当然、いっぱいいっぱいになります。
しかし、上司の声かけには「出来ないと思われたくない」
そんな思いで素直に助けを求められない。
結果、投げ出すことになってしまったそうです。

Sさん、
全体を見て仕事ができていない。
自分の立場や役割を理解していない。
周囲との協力関係を構築できていない。
自分の感情のコントロールが出来ていない。

一言で言うと「能力不足」だったんです。

それを「そろそろ女性にもリーダーになってもらおう」という
会社側の期待から抜擢されてしまったんです。

以前にも書きましたが「女性活躍推進法」などの関係から
こんなことが企業で起きているようです。

年齢もプロジェクトメンバーとしての経験も確かにあったSさん。
しかし、リーダーとしての経験は、ゼロに近かった。

女性に限ったことではないですが
そもそも、リーダーとしての資質がSさんに合ったのかどうかです。
「経験のある女性」というだけで抜擢していないか。
それは、能力不足のSさんにとっても周囲にとっても不幸です。

では、能力は持って生まれたものか?
そんなことは、ないです。
やはり、経験を積ませてあげることが大事です。
小さな経験から積み上げてそこで能力を判断することが望ましいです。
その経験の機会を是非、早い段階で女性にも与えてあげることが
大事だと考えます。

ある調査によると仕事の与え方に男女に差がある上司が
3割以上もいるそうです。
責任が重い、量が多い、困難な仕事
これらは、男性に与えることの方が3割以上多いそうです。

まずは、女性にも経験出来る機会を与えること大事ですね。
そして経験すれば視野は、広がっていくと考えます。
なぜなら、私がそうでしたから…。