月曜日を気持ちよくスタートさせる女性部下との会話ポイント!

こんにちは。
女性部下育成専門家の山梨嘉代子です。

いよいよGWも終わりますね。
明日から仕事の方も多いのではないでしょうか。
そこで明日の朝、女性部下とどんな会話をすると気持ちよく仕事がスタートできるかポイントを挙げてみました。

GWには、友人や家族と旅行に行ったり、遊びに行く女性部下も多いはずです。
こんな時は、会話のチャンスです。
最近は、「セクハラ…と言われたら困る」なんてことで極力プライベートな話をしない上司も増えたようです。
しかし、お互いを知るうえで多少の会話は、あった方が絶対いいと私は思います。

そこでポイント!
例えば、「どこか行ってきた?」と聞いた後に
「何食べたの?」
「どこ見てきた?」
「〇〇どうだった?」
「混んでた?」
などと聞くことないでしょうか?

私もハワイ好きなのでハワイに行ったと聞くとつい
「どこ泊まったの?」
「何したの?」
「アラモアナショッピングセンターの〇〇は、どう?」
なんて聞いてしまうことがあります。

実は、これ自分の聞きたいことを聞いているんですよ。
自分が聞きたいことを聞いて何が悪い!と言われそうですが…。

休み明けに気持ちよく女性部下に働いてもらう朝の会話のポイントは
「相手に話したいことを話してもらう」
これが大事です。

8d2e7f51155fb45a7ad8535e8d626f94_m

もしかしたら食事よりもアトラクションが楽しかったとか
景色が最高だったとか、人によって感じ方は、様々です。
特に女性は、自分が良かったと思っていることを聞いてもらいたいです。
ウズウズしているかもしれません!

そのためには
「どうだった?」
「何が良かった?」
「何が楽しかった?」
と質問を抽象的にはじめてもらうと相手が勝手にシーンを選んで
自分の話したいことを話してくれます。

話したいことを話せることで女性部下の気持ちは、高まります。
もしかしたら、失敗談かもしれませんがそれもOK!スッキりします。

是非明日は、「女性部下の話したいことを話してもらう」そんな会話からスタートしてみてください。