Aさんがやる気になったらBさんが「辞めたい」と言い出した!?

こんにちは。
女性部下育成専門家の山梨嘉代子です。

日々、企業で従業員の面談や研修を行う中で耳にする
女性部下の悩みで一番多く挙げられるのが「感情」の扱い方です。
先日、まさに女性部下の感情に困惑する出来事がありました。

「では、しばらくAさんのサポートを強化して声掛けしていってくださいね」

女性部下を持つ上司と面談しそんなアドバイスを行ったのが1ヶ月前。
Aさんは、仕事に積極的ではなく、不平不満が多いタイプ。
周囲は、リーダーのBさんへの評価を高く持っていました。
そんな周囲の反応が益々、Aさんのやる気を削いでいるようです。

そこで上司にAさんへの声掛け強化をアドバイスしてAさんの肯定感を高めていこうと思っていました。
そして1ヶ月後、見事にAさんは、変化しました。
不平不満がなくなり、上司への感謝の言葉も伝えてくれます。
もともと仕事は、できるAさんでしたので気持ちが満たされることで
みるみる仕事の成果も作っていきました。

そんなAさんの姿を見てホッとしていたところ…
Bさんが
「私は、この会社にいる必要なない人間なんだと思います」
と言ってきたのです…。

それまでは、とっても意欲的に仕事をし、リーダーとして働いてくれていたBさん。
今の彼女からは、全くそんな様子が見て取れません。

上司と相談すると思い当たる節があると言うのです。
ここしばらく、私のアドバイスの通り、Aさんに積極的に36fb2c95693ee71a0da4087c77316713_m声をかけていたそうです。
でBさんは、ほったらかし…。
何かあるとAさんにお願いをする。

上司曰く
「Bさん、焼きもち焼いたかなぁ?Aさんの成長の声かけだって知っていたのに…」

これ、女性に多くある特徴の一つの「愛されたい病」
Aさんのため…とわかっていても結果的にほっとかれたBさんは、
認められない、満たされない感がいっぱいとなり
「私、この会社にいる必要ない人間なんだ…」との思いを深めていったと思います。

多分、Bさんも無意識で、上司からの声掛けが減ったからだとは思っていないはずです。
上司がAさんに仕事を回すのは、成長のためだとわかっているはずですが
満たされない感覚が体のどこかに残っているのかと。

では、どうしたら良かったか。
上司は、Bさんにもいつもと同じように、そしてAさんと同じように(同じ量)
声をかけてあげるとよかったです。
さらにAさんに仕事を回すときもBさんを絡めるようにしてあげること。
例えば、「上司がBさんへ。BさんからAさんに仕事を依頼する」など
Bさんの立場も尊重していくことが大事です。

今回の出来事を上司は、
「まさか、あのしっかりしたBさんがこんなことになるなんて…」
とおっしゃっていました。

一見さっぱりしてリーダーとしての責任感もある女性ででもやっぱり
「愛されたい病」を持っているのですよね。
女性部下へは、常に平等に声掛けが必要ですね。