部下育成、上司が最初にすることは?

こんにちは。
女性部下育成の専門家 山梨嘉代子です。

4月から異動になった、なんてビジネスパーソンもいらっしゃいますよね。
新しい場所での仕事は、「最初が肝心」と気合が入るものです。

クライアントのF部長もこの4月から異動になった一人です。新しい部署に行かれて
早速相談を受けました。
「マネジャーAは、部下からの評判が悪くてチームにまとまりがないんです
どう指導したらいいと思いますか?」

このマネジャーの部下は、男女半々位らしいです。
今日は、女性部下だけではなくマネジャーとしてどうしたらいいかを考えてみます。

もう少し詳しく聞くとA氏は、一方的な指示命令が多く叱責することが多いそうです。
部下を認めたり信頼したりする行動、発言がほとんどないそうです。
認められない環境に居れば当然部下のやる気も下がり、チームにまとまりがなくなります。
もしかしたら負のスパイラルでまとまっているかもしれませんが…。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_m

数年に渡りF部長の活躍をみてきた私としては、F部長がA氏にすることは一つしかないと
思いました。そしてそれは、すでにF部長が自然に行えていることでした。

それは「A氏の可能性を信じ、今のA氏を認め勇気づける」ことです。

F部長がこれまでに育ててきた部下の話をするときには、そこに
部下への信頼と尊敬が感じられます。
「あいつなら大丈夫!やれる!」と言う言葉を何度も聞いてきました。

その言葉を直接本人たちに伝えることは少ないようですが(伝えて欲しいですが)
そのスタンスと思いは、一貫していました。

「自分が信頼をされ、勇気づけられていない人は相手を信頼し、勇気づけることができない」
そんな風に言われています。
F部長は、部下であっても尊敬し信頼することがしっかりと出来る人です。
だからこそ、結果を出すことが出来たのです。

今度は、A氏にも同じことをしてあげてくださいと助言しました。

私の話に納得してくれたようでF部長は、
「今、自分がやることがわかった気がする」
「感覚的にわかった!」
とおっしゃって帰って行かれました。

指導するのではなく信頼すること。
上司が最初にすることは、
「部下の可能性を信じる覚悟!」
なんだとF部長の姿を見て私も確信しました。